茨城のかがく 本文へジャンプ
|  top pageへ   |   site map    |   管理人    | 
  
つくばエキスポセンター
H-U型ロケットが目印のつくばエキスポセンターは、1985年に開催された「国際科学技術博覧会」の
記念館ともいうべき施設です。
1階の展示施設には光、電気、風等を使った様々な科学の体験展示がおかれ、2階は宇宙がテーマ
のシミュレーションゲームや宇宙開発にちなんだ展示物がおかれています。
施設のガイドは実際の研究所OBがインストラクターとして解説してくれます。
館内には25.6mの巨大ドームを備えたプラネタリウムが併設されており、季節ごとに番組内容を変更し
満天の星空のもと、忙しい日常を忘れさせる一時を提供してくれます。


【開園時間】
 9:50〜17:00 (12月〜1月の平日は16:30閉館)  
【休館日】
 月曜日(祝日の場合は翌日) 月末最終火曜日、年末年始
【入場料】
 展示場のみ : 大人300円 子供150円
 プラネタリウム+展示場 : 大人700円 子供350円
【場所】
 茨城県つくば市吾妻2−9
                       ★Google mapへ⇒       ★YAHOO!地図へ⇒

【問合せ】
 029-858-1100

つくばエキスポセンターは
H-U型ロケットが目印です。
チケット売り場
プラネタリウム券も一緒に買うのがお得。
ギべオン隕石
ノーベル賞受賞の小林博士
の等身大パネルも登場
ウラン235原子核分裂シミュレーション 研究所OBによる科学相談コーナー
楽しい実験も披露してくれます。
未来の自動車
(コンセプトカー)
エキスポセンター周囲のジオラマ EXPO85の展示品
奥はプラネタリウム入口
THE DEEP SEA ADVENTURE日本で開発された潜水調査船「しんかい6500」に乗って神秘的な深海の世界を冒険するアトラクションです。
みんなのふしぎ発見ラボ 霞ヶ浦の研究調査
霞ヶ浦研究レポート
水質データの移り変わり
放射光の説明 見えない光でものを見る
光とはどのようなものかを説明しています。
屋外展示場にはH-U型ロケットのほか、モニュメント、ゆるぎ石、風を見る樹等があります。 プラネタリウム
世界最大級のプラネタリウムで美しい星空を楽しもう。
科学万博(つくば’85)メモリアル
科学万博当時の先端技術や会場の様子を見ることができます。
科学実験イベント
「サイエンスショー」
日本人宇宙飛行士紹介パネル 宇宙ステーションの模型
スペースシャトルと搬送物 スカイラブ 奥から、毛利さん、向井さん、土井さん、若田さん、野口さん
60年代の宇宙開発当時の宇宙船たち 宇宙で使用するトイレ 宇宙ステーションに設置されている寝室
NASAの宇宙服 月面ローバー
遠隔制御で月を探索します。
1969年7月20日、人類は初めて月面に立ちました。
宇宙船アポロ11号にてアームストロング飛行士が月面に歴史的な第一歩をしるしたのです。
H-U型ロケットのエンジン 月と周回衛星 日本のロケット開発の歴史
ロケットの大きさ比較 H-UA型ロケット つくばエキスポセンターの
ジオラマ

茨城県内の科学館・博物館・水族館