メタボリックシンドローム 40歳からの傾向と対策
















PR
[PR]


 メタボリックシンドロームとは内臓脂肪症候群といい、単一の病気ではありません。
内臓脂肪が過剰に溜まる(内臓脂肪型肥満)ことによって、生活習慣病である「
高血圧」、「高脂血症」、「糖尿病」等を引き起こし易くなった状態を言います。

 たとえ、これら生活習慣病の一つ一つが病気の程度としては軽症又は気づかない程度であったとしても、内臓脂肪が多く溜まった人ほど動脈硬化が進みやすくなるようです。
30歳代を過ぎ40歳になるころには多くの男性が気になりだすおなか周りの肥満。
原因は運動不足や食べすぎ等いろいろと思い浮かぶと思います。
この状況を軽く考えていると大変なことになります。

 現在、メタボリックシンドロームは治療の対象とも考えられる様になって来ました。
さて、あなたは今、ご自分のおなかを見て不安になっていませんか?
もし、少しでも気になるようでしたら、これまでの悪しき習慣を省みつつ健康に留意した生活を心がけましょう。

本サイトにはメタボ対策についての有効な情報を記載していきますので、是非ご覧頂き、健康維持に活用いただけたらと思います。

※2008年4月より特定健康診査が開始されました。メタボリックシンドロームと診断されますと 特定保健指導が行われます。
※メタボリックシンドロームの診断基準は、ウエスト周囲径+(高血圧、脂質異常、高血糖のうちの2つ以上該当)の条件を満たした場合となります。

メタボリックシンドローム診断基準


【コンテンツ】
1.メタボリックシンドロームとは 
2.メタボ対策 生活習慣改善編

3.メタボ対策 食事習慣改善編
4.メタボ対策 運動習慣改善編
5.メタボ対策のためのサプリメント情報
6.メタボ対策のための食材情報
7.コンビニサプリ〜機能性食品レビュー〜


関連ニュース
HOME | 運営者情報 | 健康関連ニュース
リンク : 北海道ツアー遠赤外線暖房機 
Copyright(C) 2008 Miyachanhonpo All right reserved

メタボリックシンドローム 40歳からの傾向と対策